植物を効果的に取り入れることで仕事運が上がります


風水学的にも、特に植物は運気を循環させるために必要不可欠な存在と言っていいほどです。生きた植物のエネルギーは、その植物のある部屋や家の運気を上げたり厄除けしたりするのに役立ち、時として仕事運など特定の運にも効果を発揮します。

植物によって効果は微妙に異なり、また置いてはいけない植物などもあるため、効果的に運気を上げる方法を知っておきましょう。

植物がもたらす効果を知りましょう

家の中に植物があると、家が明るく、また癒しの効果も感じられるでしょう。インテリアとしても重宝する植物ですが、実は風水的にも家の中の運気を上げるのに良い効果があると言われています。

具体的に植物のもたらす効果についてご紹介しましょう。

植物は生命の象徴です

風水的に植物が良いとされるのは、何といってもその植物から生命エネルギーを感じ取れるからです。水と光の力ですくすくと育ち、上に伸びていく植物は死んだものや命のない無機物にはない、独特の力を持っています。

植物の持つエネルギーが運気の停滞や、悪い気の蔓延を防いでくれるでしょう。

尖っている植物の葉が運気に影響します

生きた植物であれば風水的には問題ないのですが、中でも葉が尖っている植物の場合は特に仕事運に良いとされています。盛り塩の三角錐などに代表されるように、尖ったものの先というのは風水では邪気払いなど特別な意味を持ちます。

植物の場合、葉が尖っているものは強さを表し、仕事運においてはより一層の発展や、ここぞというときの勝負に打ち勝ち成功をつかむ、より一層向上心が高まるなどの意味合いがあるのです。ただし、やや攻撃的と言うかアクティブな意味合いのため、リラックスしたい寝室などに尖った葉の植物を置くと良くないとされています。

置く場所に注意が必要です

家の中で植物を置いて見栄えがする場所というのはたくさんあります。玄関に置いたり、トイレに飾ったり、リラックスしたいリビングや寝室に置いたり、ベランダに置いたりなど、様々な場所で楽しんでいるでしょう。

基本的には置きたい場所に置いて良いのですが、一部置くことで運気を遮ってしまう場所などがあるため注意が必要です。

例えば、玄関に植物を置くのはよくあることですが、あまり大きな物を飾ると玄関から出入りする運を遮ってしまうとされています。つまり家の中から悪い気が出て行くのを滞らせ、家の外から入ってくる良い気をシャットアウトさせてしまうことにもなりかねないのです。

そのため、玄関に飾るなら少し小さめのものを選ぶとよいでしょう。玄関に植物を置くこと自体は、気を整えるなど良い効果があると言われています。

仕事運によい植物があります


具体的にどんな植物を置けば仕事運に良いのでしょうか。見た目の美しさに、入手のしやすさ、お手入れのしやすさなども鑑みて、おすすめの植物をいくつかご紹介します。

パキラ

観葉植物としてもポピュラーな存在であるパキラは、実は仕事運をアップさせる植物としても知られています。仕事運だけでなく商売繁盛の木としての側面もあり、金運上昇にも効果的とされているのもポイントです。

パキラは濃い緑色の葉を美しく茂らせてくれます。耐陰性があり、寒さにも強いため地域を選ばず、多少日当たりの良くない部屋でも気軽に置くことができるのが魅力です。

ちなみに、照明の光すらない暗い部屋では枯れてしまうため気をつけましょう。東は仕事運に良いとされる方角であるため、東に置くと特に相性が良いとされています。

また、パキラの上へ上へとどんどん伸びていく葉っぱは、成長の象徴として有名です。

モンテスラ

南国を思わせるゆったりとした大きな葉っぱが特徴のモンテスラも、仕事運には良いとされる植物です。尖った葉が強い気力や向上心などを象徴するのに対し、モンテスラの丸い葉っぱは円滑な人間関係や調和などを象徴するといわれています。

そのため、仕事運の中でも職場の人間関係に恵まれたい、良い取引先と巡り会いたいというような対人運にも強い植物です。人間関係に影響することから、リビングやオフィスなど人が多いところに置くことで、より効果を発揮しやすいでしょう。

ドラセナ

モンテスラと同じく南国のイメージが強いドラセナですが、モンテスラの丸い葉っぱとは対照的に、ドラセナの葉は力強く尖っています。そのため、悪い気を払う植物として根強い人気があるのです。

幸福の木とも呼ばれており、また金運の象徴ともされています。生命力が強く、とにかく丈夫で育てやすいため、初心者にもおすすめの植物です。

またドラセナの特徴として、その色の鮮やかさがあります。緑色の葉だけでなく、赤いドラセナなどもあり、部屋にアクセントをつけたい、ちょっと変わった植物を置きたいという時にも良いでしょう。

置いてはいけない植物があります

植物の中には、風水的な見地から考えるとあまり家の中に置いておくにはふさわしくないものも存在しています。誤って置かないためにも、具体的にどんな植物が良くないのか見てみましょう。

ドライフラワー

花の美しさを長く楽しむことができるドライフラワーは、見た目のおしゃれさもあって人気の商品です。しかし、残念ながら風水的にはドライフラワーは良くありません。

そもそも植物が風水に良いとされるのは、その植物が持つ自然のエネルギー、あるいは生命力が運気を循環するのに役立つとされているからです。その点、ドライフラワーでは残念ながら既に枯れた花、死んだ花となっており、花の持つ生命力が全くありません。

そのため、いくら美しくてもドライフラワーは良くないのです。

造花

生命力を感じられないという点で、造花も良くはありません。また造花を飾っておくと、生花と違って長く飾っておける分に埃がたまりやすく、そのままにしておくと悪い気も溜まりやすくなってしまいます。

人によってはペットなどがいて、植物を上手く飾れないという人もいるかもしれません。どうしても造花を飾りたい場合は、丁寧に手入れし見た目の美しさを保つようにしましょう。

枯れた葉っぱをそのままにしておく

いくら生きている花や観葉植物を飾っていたとしても、手入れ不足では意味がありません。その植物の持つ生命力を存分に感じるためにも、常に手入れはしっかりとして、土の上に枯れた葉っぱなどが散乱していない状態を保ちましょう。

枯れた葉っぱはドライフラワーと同じく、すでに死んだものとして風水的に良くありません。常に植物が生き生きとした状態を保つことで、最大限に運気の循環を助けることができます。

プラスチックの鉢

意外にも植物を飾る時は、プラスチックの鉢を利用するのは良くないとされています。使うのであれば陶器製の植木鉢や、天然素材で出来た植木鉢を使うと良いでしょう。

プラスチックは人工的なものであるため、植物の持つ生命エネルギーを遮ってしまうとされているのです。どうしても使いたい場合は、プラスチックの鉢の上から天然素材などでカバーしてあげるなどして、プラスチックの鉢が見えないようにすることが大切です。

植物の管理に注意しましょう

その他、植物を置いて家や部屋の中の運気を循環させるために重要なことを、いくつかご紹介します。

朝日を取り込みましょう

特に風水においては、東の方角がやる気の源とされ、仕事運に良いと言われています。東は朝日が昇る方向です。

太陽のエネルギーを浴びることで気力が充実し、仕事など様々な物事に対してやる気が湧いてくるとされているのです。そして植物もまた、生命エネルギーの塊です。

太陽の光がなければ多くの植物は生きていくことができません。そこで、植物を置いた部屋は必ず毎日日が入るようにして、朝になったらカーテンを開け、たっぷりの朝日を取り込みましょう。

よく換気をしましょう

暗く締め切った部屋は、風水的にも運気が悪く、悪い気が溜まって良い気が循環していかないと言われています。そのため、一日一回、朝日を浴びるついでにでも窓を開け、部屋全体を換気するようにしましょう。

植物も呼吸しています。光合成によって人間と同じように酸素を吸ったり吐いたりしているため、部屋をよく換気して室内の空気を衛生的に心地よく保ってあげることは、植物にとっても良いことなのです。

枯れさせないようにしましょう

植物はみずみずしく葉を広げていてこそ、生命力を感じとることができます。そのため、植物に合わせた世話を丁寧にしてあげて、できるだけ枯らしたり病気になったりすることがないようにしましょう。

また、もし枯れてしまった部分がある場合はできるだけすぐに取り除いてあげることも大切です。枯れたり病気になったりすると、運気が滞ります。

そのままにせず良い環境を保ちましょう。植物の世話をしきる自信がない人は、あらかじめ水やりが少なくて済む植物や、病気に強い種類などを選んでおくことが大切です。

(まとめ)仕事運と植物は関係あるの?

1.植物を効果的に取り入れることで仕事運が上がります

植物は風水においてよく使われる存在です。植物の持つエネルギーは運気を活性化させてくれます。

植物によっては、仕事運など特定の分野において強く効果を発揮してくれるものもあるため、慎重に選ぶと良いでしょう。

2.植物がもたらす効果を知りましょう

植物はその生命力から運気を変化させるとされています。とがっている葉は邪気払いによく、置く場所によって運気を上げてくれるでしょう。

ただし、玄関などは置く植物を選ぶため注意することが大切です。

3.仕事運によい植物があります

おすすめの植物としては、パキラやモンテスラ、ドラセナなどがあります。どれも観葉植物として人気ですが、葉がとがっているか丸いかなどによっても性質が異なるため、自分に合ったものを選びましょう。

4.置いてはいけない植物があります

植物の生命力が肝心であるため、造花やドライフラワーなどはおすすめできません。また、枯れた葉っぱをそのままにしておいたり、プラスチックの鉢を使ったりするのもよくないとされています。

5.植物の管理に注意しましょう

植物を置くだけでなく、健やかに成長するように管理してあげましょう。朝日を取り込み、しっかりと換気をして、丁寧にお世話してその生命力を維持してあげることが大切です。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)