仕事運を上げやすい食べ物があります


あらゆる食べ物は、自然の恵みや他の生き物の命をもらうことでできています。そのため、そこに気が宿ると考えられており、食べ物を選ぶことで仕事の運気も変化していくのです。

逆に言うと、仕事運に良いとされる食べ物も存在しています。仕事運が低迷していると感じた場合は、仕事運を上げる食べ物を積極的に摂って、自分の周りの運気をコントロールしていきましょう。

仕事運が上がるとはどういうことなのか考えましょう

そもそも、「仕事運が上がる」とはどのようなことなのでしょうか。仕事運と言っても漠然としていて、「なんとなく仕事ができるようになりたい」とだけ考えている人もいるかもしれません。

仕事運に良いとされる食材を探す前に、まず、どうなれば仕事運が上がったといえるのか、仕事運を上げるために何が必要なのか考えてみましょう。

集中力が上がる

仕事を的確にこなすためには集中力が重要です。集中力が足りていないと、注意散漫になりミスが多くなりやすくなります。

また、一つの物事をこなすのに時間をかけすぎて、他の物事をこなす時間が足りなくなってしまうこともあるでしょう。人の話がなかなか頭に入ってこなかったり、また、周囲の細かな機微にも気付きにくくなったりします。

いわゆる空気を読むことが難しくなるでしょう。そのため、仕事運には集中力が大切です。

体力がつく

たとえデスクワークであったとしても、仕事を毎日こなし続けるためには体力が必要です。体力がないと、少し仕事をしただけでも疲れてしまい、予定をこなし続けることができなくなるでしょう。

ちょっとした事でオーバーワーク気味になります。また、仕事をこなした後の週末などは、せっかくの休日でもやる気が起きず、楽しむことができません。

体力がつけばフットワーク軽くどこにでも出向くことができ、週末まで体力切れを起こさず、充実した毎日を過ごすことができるでしょう。

人間関係が良くなる

仕事をする以上、避けて通れないのが人間関係です。上司、同僚、取引先など、仕事の内容に関わらず、常に様々な人と関わって過ごさねばなりません。

また、いくら仕事とは言っても、人間同士が行うのである以上、何かを依頼するにしても関係の良い人にお願いしたいと思うのが普通です。人間関係が悪いと、仕事がもらえなくなったり、遠巻きにされたりして、思うように仕事が進まなくなるでしょう。

そのため、仕事運を上げたいなら人間関係を改善することが必須です。

金運が良くなる

日々の生活の糧を得るために仕事をしている人がほとんどです。そのため、仕事運を上げたい=たくさんお金を稼ぎたいと考える人も多いでしょう。

また、飲み会など会社の付き合いで何かと出費が多く、金運を上げることでできるだけ困らないようにしたいと言う人もいるかもしれません。仕事運と金運には密接なつながりがあるため、仕事運を上げたい時は金運も意識していくと良いでしょう。

仕事運を上げる食材を意識しましょう


仕事運が指す内容が具体的になったところで、その仕事運を上げるためにはどのような食べ物を摂取したら良いのでしょうか。風水学的には、仕事運に関係する食材としては以下のようなものが有名です。

自分に合ったものを選びましょう。

人間関係を円滑にするのは、何と言ってもお酒です。昔からお酒は宴席に欠かせないものとして振る舞われ、頑なな心をほぐしたり、気持ちを明るくしたりすることに役立ってきました。

そのため、仕事で人間関係を良くしたいと考える場合は、適量のお酒を飲むことが対人関係を明るくする秘訣です。もし仕事で飲み会などがあれば、積極的に関わると運気を上げやすいでしょう。

仕事運を上げる食べ物としては豆も効果的とされています。豆をそのまま食べるのはもちろん、豆腐など豆の加工品も問題ありません。

仕事で人間関係を改善したい時、特にお酒と合わせて食べやすいのが枝豆です。ビールと枝豆を積極的に摂っていれば、下がりがちの仕事運も次第に上向いていくでしょう。

効果としては、大豆製品が特に優秀と言われています。豆腐、油揚げ、豆乳、納豆など、お好みのものをよく摂取するようにしましょう。

また黄色い油揚げや納豆のネバネバは仕事運を上げるのにもよいとされています。

黄色い食べ物

バリバリ仕事をしてお金を稼ぎたい、良い給料をもらっていい暮らしがしたいなど、仕事運を上げる目的が最終的に金銭的な事に絡む場合は、黄色い食べ物もおすすめです。黄色い食べ物は金運上昇の効果があるとされています。

黄色い食べ物であれば何でもよく、例えばお正月のおせちに入っている栗きんとんも金運上昇の縁起物です。他にも、卵焼きやバナナ、カステラやコーンポタージュなども日頃から取りやすいでしょう。

雑穀米

雑穀米もストレスを和らげることから、仕事運に良いとされています。元々健康にも良い食べ物であるため、白米を食べている場合は雑穀米に取り替えてみるのも良いでしょう。

しかしながら、実は白米も仕事運に対して悪いという訳ではありません。白くツヤツヤとした白米は純粋に運気を上げたい時に食べるのがおすすめです。

白米と雑穀米をうまく使い分けましょう。

気力を充実させたい時に食べると良いと言われるのが肉です。なかでも鶏肉は疲労回復にもよく、積極的に食べることで仕事に対するエネルギーが湧いてくるでしょう。

肉と言うと、牛肉などの方がガッツリと食いでがあって良さそうに思える人もいるかもしれません。しかし、実は赤身の多い牛肉よりも、全体的に白っぽい鶏肉の方が風水的にはエネルギーの充実には良いとされているのです。

もちろん、牛肉が悪いということではありません。仕事運を良くしたい時は好みのお肉をたっぷりと食べてスタミナをつけましょう。

運気上昇によい食べ方があります

仕事運を上げる食べ物は意外と身の回りにたくさんあります。普段から意識せず食べているものもたくさんあるでしょう。

改めて、そうした食材を意識して取り入れていくことで、仕事運はより上がりやすくなるはずです。一方で、食べ物の調理方法や食べるタイミングなどでも運気は変わってきます。

以下のことも意識しておくとよいでしょう。

新鮮な食材を食べる

食べるということは、その食べ物の持つ気を体内に取り入れるという考え方から、できるだけ新鮮な食材を食べるようにしたほうがよいでしょう。新鮮な食材にはそれだけ多くの気が宿っているとされています。

保存食品など何年も保つ食品もありますが、それよりは生の食材、いわゆる生鮮食品をとりましょう。また、冷凍食品のように、たとえもとが新鮮な食材であっても、凍らせて長持ちさせてあるものはあまり好まれません。

旬の食材を食べる

旬の食材にも、より多くの気が宿ると考えられています。春に山菜を食べたり、夏に夏野菜を食べたり、秋は秋の実りを楽しみ、冬には旬の魚を食べるなどのように、季節ごとに食材にも変化をつけましょう。

生の食材を食べる

フルーツなど、そのまま食べられる食材はできるだけ、そのままの形で食べることが大切です。よく、加熱すると食べ物から酵素や栄養素などが失われるといいます。

これと同じように、加熱したり加工したりすることで気もまた失われやすくなっていくのです。特に、コンロの火で加熱するよりも電子レンジなどで加熱する方が良くないとされるのも覚えておきましょう。

できるだけ、取ってきた食材をありのままの形で食べることで、その食材の持つ力を最大限に得ることができるのです。

食べ方にも注意しましょう

どんな食べ物を食べるかだけでなく、実際に食べる時の作法にも注意しましょう。エネルギーの詰まった食べ物をどのように食べるかも運気に関わります。

朝食を食べる

仕事運を高めるためにも朝食をきっちりと取るようにしましょう。仕事をこなすにはエネルギーが必要です。

そのエネルギーを高めるために、最も重要な時間帯が朝になります。朝をどう過ごすかで、1日の充実度が違ってくるのです。

豆乳やバナナなど、ご紹介したような仕事運を上げる食材を使って朝食を作ると、なお効果的です。しっかりと食べることが重要ですが、もともと朝食を食べる習慣のない人などは、せめてコップ一杯の牛乳からでも口にするようにするとエネルギーが全く異なってきます。

食材に感謝して食べる

食事をする時、常に「いただきます」と「ごちそうさまでした」という言葉を忘れないようにしましょう。植物性の食品にしろ動物性の食品にしろ、食事をすることはその食べ物が宿している気を体の中に取り込むことです。

また、例えば肉を食べるということは、家畜の命をもらって自分の命をつないでいるということでもあります。そこで、常に食物に対する感謝の気持ちを忘れずにいることが、よく気を循環させ自分のエネルギーに変えていく上で大切なこととなるのです。

よく噛んで食べる

一口一口、よく噛み締めて食べることもしっかりとエネルギーを取り込むためには欠かせません。噛むと唾液が出て、その唾液の力で食べ物を消化する力が強くなります。

つまり、食べ物からエネルギーを取り込みやすくなるのです。また、噛むことで脳みそが刺激され、頭がよく働くようになります。

その他、太りにくくなったり単純によく噛むことで素材の味がわかりやすくなったりなど、日常生活における多数のメリットがあるでしょう。一口ごとにじっくりと味わって食べましょう。

(まとめ)仕事運と食べ物は関係があるの?

1.仕事運を上げやすい食べ物があります

あらゆる食べ物には気が宿ると考えられています。そのため、食べ物に注意することで仕事に関する運気もまた変化しやすくなるでしょう。

仕事運によいとされるものを積極的に食べることが大切です。

2.仕事運が上がるとはどういうことなのか考えましょう

仕事運にもいろいろあります。ただ漠然と仕事運を上げたいと考えるのではなく、具体的にどんなことを改善したいのかを意識することで、自分に必要となる食材も変わってくるでしょう。

3.仕事運を上げる食材を意識しましょう

仕事運を上げるのに役立つ食べ物にはいろいろありますが、例えば酒や豆、肉や雑穀米、黄色い食べ物などがあります。自分の悩みに応じて、食べやすいものを選択し積極的に摂取しましょう。

4.運気上昇によい食べ方があります

食事の際、できるだけ旬の新鮮な食材を、生のままで食べることを意識すると、運気を体内に取り入れる効率が全く異なってきます。また、火を通すときも電子レンジよりコンロを使いましょう。

5.食べ方にも注意しましょう

食事をする時、感謝の気持ちを表しながら、一口一口、じっくりとよく味わって食べることが大切です。また、一日の活力となる朝食を食べることも仕事運を上げるには重要となるでしょう。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)