風水的には寝る向きも仕事運に影響するといわれています


風水では、普段使っている枕の向きや、寝るときの環境なども運気に影響すると考えられています。そのため、もし仕事運が下がっていると感じる、頑張りが報われない、物事がうまくいかない、あるいはよく寝付けないという時は、枕の位置を見直してみることが大切です。

どこに向かって枕を置くかで、上がる運気も異なってきます。自分に合ったものを探しましょう。

方角によって運気が変わってきます

風水的には、東西南北、それぞれの方向に特別な意味があるとされています。その方向にあったアイテムを置いたり、その方向を清めたりなど様々な取り組みをすることで、運気が上がっていくとされているのです。

寝室も例外ではなく、枕の向きひとつとっても、運気に影響するとされています。もし、仕事運や対人関係、恋愛運、金運など、気になる運気があるのであれば、対応する方向に枕を向けることでより強く運気の恩恵を受けられるでしょう。

北枕は縁起の悪い方向ではありません

枕の向きと言うと、いわゆる北枕が良くないとして思い浮かべる人もいることでしょう。しかし、実は北枕は、風水学的には特に縁起が悪いということはありません。

実際、北枕の縁起が悪いと言われているのは日本だけで、海外では北枕は全く問題ないこととなっています。日本で「北枕が良くない」と言われるのは、人が亡くなった時、故人の頭を北に向けて寝かせることが由来です。

しかし、なぜ故人の頭を北に向けるのかと言うと、お釈迦様が亡くなった時に頭を北に向けていたからというのがさらに根底にあるのです。お釈迦様と同じ方向を向かせることで、死者がお釈迦様と同じ極楽へ行けるよう願ったというわけです。

死を連想させることから北枕は縁起が悪いとされましたが、お釈迦様が由来であることを考えるとどちらかと言うと北は縁起が悪いというよりも神聖な方向、極楽浄土のある方向という意味合いになります。

そのため、北枕は特別悪いものではないのです。枕が北に向いていたからといって運気が下がるようなことはないため安心しましょう。

枕だけにこだわるのはあまり意味がありません

風水的には、枕の位置は重要です。しかし、枕の位置以前に寝室自体が風水的には強い影響を与えると考えられている場所となっています。

そのため、運気を上げるには寝室の環境を総合的に整えることが必要となるのです。すでに寝室が整っており、枕の位置が気になるという場合はもちろん枕の位置を調整することで運気が上がって行くでしょう。

しかし、寝室の居心地が悪い場合は枕の位置を気にするだけでなく、寝室そのものが運気を下げる状態になっていないか確認することが大切です。

自分に合った枕の位置を探しましょう


具体的にどのような位置に枕を置くべきなのでしょうか。実は、単純に運気を上げるだけであれば、必ずどの方向に枕を置かなければならない、という決まりはありません。

枕の向きで変わるのは主に運気の内容です。東西南北、どの方向においても対応した恩恵を受けることができるため、まずはどんな運気を上げたいのかということを考えることが大切となります。

それぞれの方向が関係する運気を見てみましょう。

東枕

仕事運を上げたい場合、特におすすめなのが東枕です。東は太陽が昇る方向であり、東枕にしていれば朝起きた時に朝日が頭に降り注ぎます。

東枕で太陽のエネルギーを浴びることは、仕事への活力を増幅させるでしょう。普段やる気が出なかったことにもやる気が出やすくなり、仕事で活躍しやすくなるはずです。

このことから、東枕は仕事運に良いと言われています。漠然と「仕事運を上げたい」と思っている場合は、ひとまず東枕にすれば間違いはないでしょう。

北枕

北枕は健康を整えるのに役立つと言われています。仕事で疲れて気力が出ない、健康が損なわれていると感じる場合は、北枕が良いでしょう。

実は、運気は北から南へと向かっています。そのため、北に頭を向けて寝ることは頭から足元へと正しい方向でエネルギーが巡ることになり、風水的に良いと考えられているのです。

また、地球の自転による遠心力や、磁場の関係からも、北半球にある日本では北を頭にして眠ることで、地球の磁力線と一致し、健康的にもよいと言われています。その他、頭寒足熱とといった科学的にも健康に良いとされる法則を考えた時、北半球にある日本では北が寒く南が暖かいため、北枕は理にかなっているともされているのもポイントです。

南枕

北枕が風水的にも科学的にも良いとされるなら、南枕は逆なのかと考えがちです。実際、南枕は「良質な睡眠をとる」という点ではあまり推奨されていません。

しかし、南という方角は直感やひらめきなどを司る方角と言われており、いわゆる芸術肌の人間にとって、仕事運を上げるのには最適な方向となります。例えば、作家が小説のネタが浮かばずに困っているというような場合は、南枕にすることで新たなアイデアを生む力を強くすることができるでしょう。

西枕

枕の向きを西にした場合、心身を穏やかにする性質があると考えられています。エネルギッシュな東枕とは逆と考えるとよいでしょう。

西枕はどちらかと言うと高齢者向けの配置です。加齢によって体力が衰えてきた場合や、疲れてしまって仕事に意欲がわかない時など、西枕にすることで穏やかに眠ることができるでしょう。

寝室を整えることが安眠と仕事運につながります

1日8時間、たっぷりとした睡眠をとるとすれば、人生の1/3は寝ていることになります。その人生の1/3を費やす睡眠を充実したものにすることで、体は健康でいることができ、仕事に対する気力もみなぎってくるのです。

風水的な事を抜きにしても、睡眠と仕事運には密接な関係があると言えます。そのため、仕事運を良くしたければ枕の向きと同時に寝室の環境にもこだわりましょう。

具体的には以下のようなことに気をつけることが大切です。

寝室を徹底的に掃除しましょう

風水的には、汚れた部屋や空気の通りが悪い部屋は、運気も停滞してしまうとされています。実際、寝る時に足の踏み場もない乱雑な寝室では、いくらベットの上が空いていたとしても気持ちよく眠ることはできないでしょう。

心地よい眠りを得るためにも、枕の位置を変えるだけでなく、寝室の掃除を心がけましょう。寝室はまめに掃除機をかけ、布団を干し、清潔なシーツや枕カバーを使うことが大切です。

また、毎日窓を開けて新鮮な空気を取り入れ、自分はもちろん、部屋全体にも朝日を浴びせましょう。また、その状態を毎日維持できるように心がけます。

部屋に植物を置きましょう

寝室に観葉植物を置くと、植物の持つ力で部屋の運気が上がると言われています。寝室と特に相性が良く、仕事運にも良いとされる植物には、例えばパキラやベンジャミンなどが挙げられます。

ちなみに、造花やドライフラワーなどは逆効果になるため、必ず生きた植物を置きましょう。世話が手間だという場合は、できるだけ水やりなどの手間の少ない植物を置くのでも構いません。

植物を置くことで、部屋の空気がめぐりやすくなり、見た目にも心に安らぎを得られます。

ラッキーカラーを取り入れましょう

寝室を調整する時、ラッキーカラーを意識して寝具を揃えると運気を上げるのに役立つでしょう。単純に、自分が心穏やかになれる色でも構いません。

しかし、特にこだわりがないなら寝室に使うと良いと言われている色を取り入れてみましょう。例えば仕事運を上げる青、人間関係をよくするオレンジなどがあります。

特に寝室は掛け布団やカーテンなど面積の広いものが多いため、どの色を使うかによる影響も大きくなりがちです。ベースカラーやアクセントカラーなどを意識して使い分けましょう。

寝室でやってはいけないことがあります

仕事運は枕の向きだけでなく寝室全体で考える必要があります。そのため、寝室の状態が何か運気の流れを阻害するような内容になっていると、せっかく枕の向きを整えても効果を得られないことがあるのです。

寝室でついやりがちなNG例をご紹介します。

枕元にたくさんの物を置く

人によっては、枕元に本やスマホ、ぬいぐるみなど、たくさんのものを置いていることがあるでしょう。しかし、頭の方に物をたくさん置くことは、風水学的にはあまり良いこととは言えません。

運気は北から南へと流れていきます。そのため、頭の上に物が置いてあると、せっかく流れてきた運気を遮ってしまうことになるのです。

枕を周囲にはできるだけ何も置かず、すっきりとした状態を保ちましょう。

鏡を置く

寝る前や起床後に身繕いをするために、鏡を置いている人もいることでしょう。しかし、寝室に鏡を置くべきではありません。

鏡はその人の持つ気を吸収してしまう効果があると考えられています。そのため、寝室、特にベッドに向けて鏡を置くと、寝ている間に気力が奪われ、すっきりと目覚められなくなってしまうのです。

また、寝室の扉を開けて真正面に鏡をかけている場合も良くないと言われています。どうしても鏡を置きたい場合は、鏡にはカバーをかけておき、必要な時だけ外すようにしましょう。

黒い寝具などを使う

布団カバーや家具、カーテンなどに、黒い色や灰色などを多用するのはやめましょう。黒い色は陰の気を持ち、特に寝室に使うとその人の運を下げてしまうと言われています。

寝室に使う色なら、白やピンク、グリーン、クリーム色など、明るい色や淡い色がおすすめです。

(まとめ)仕事運を良くするためには寝る向きが重要なの?

1.風水的には寝る向きも仕事運に影響するといわれています

風水では枕の向きは運気に影響するとされています。仕事運が悪くなっているという時は、枕の向きや寝室の環境を整えることで改善しやすくなるでしょう。

どこに置くか自分の状況に合わせてよく考えましょう。

2.方角によって運気が変わってきます

風水ではそれぞれの方角に意味があるとされているため、対応した方向に枕を置くことで運気が変わります。北枕も風水的には悪いことではありません。

また、枕だけにこだわってもあまり意味がありません。

3.自分に合った枕の位置を探しましょう

東枕はエネルギーに満ちて、西枕は安らぎを得られると言われています。南枕はひらめきに優れ、北枕は健康的に過ごすのに役立つでしょう。

仕事でなにに悩んでいるかによって使い分けてみましょう。

4.寝室を整えることが安眠と仕事運につながります

枕の向きを調節したら、寝室自体も美しく保ちましょう。丁寧に掃除し、朝日を取り入れよく換気します。また、観葉植物を起き、配色にもこだわることで、より運気が上げやすくなるはずです。

5.寝室でやってはいけないことがあります

せっかく掃除したり枕の向きを変えたりしても、他の状態が運気を阻害することがあります。寝室に黒い寝具などを使ったり、鏡を置いたり、枕元にたくさんものを置いたりすることはやめましょう。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)