高熱は浄化が行われる兆しです


高熱が出ると身体はとてもつらい状態になりますが、スピリチュアル的な観点で見ると、浄化が行われている兆しだといいます。風邪をひくと体内に侵入したウィルスのせいで、高熱が何日か続くことがありますが、体内の浄化によって高熱が出ていると考えられているのです。

高熱は風邪をひいた時だけでなく、マイナスのエネルギーや邪気に触れてしまったせいで起こることもあります。身体がだるくて高熱が出そうだと思った時は無理をせず、心身をゆっくり休ませて体内の浄化が終わるのを待ちましょう。

高熱が出るのは自己浄化作用が働くためです

体調が優れない時に高熱が出ることがあるのは、人間に備わった自己浄化作用が働くからです。身体に害をなすものを追い出すために、私達は体内に自分で自分を浄化する力を持っています。

高熱が出てしまった時、多くの人は風邪の影響だと考えてしまいがちです。喉の痛みや咳、鼻水が出る場合は、病院へ行けば風邪だと診断されることが多いでしょう。

しかし高熱が出るのは風邪をひいた時だけとは限りません。精神的にネガティブな影響を受けた時に、高熱となって表れることもあるからです。

風邪による高熱も、精神的なダメージによる高熱も、身体を浄化する力が働いている証拠といえます。高熱が出て苦しい時は安静にし、体内の浄化が済んで熱が下がる時を待つのが賢明です。

咳や鼻水なども、心身の不調を引き起こすネガティブな要因を排出するための症状です。知らず知らずのうちに体内にため込んでいたものを出し切った時、心と身体が浄化されたような感覚を味わえるでしょう。

他人が発したエネルギーの影響で高熱が出ることもあります


風邪の原因となるウィルスの侵入以外にも、精神的な理由で高熱を出すことがあるのは、他人の感情を吸収してしまうからです。人間は誰でも目に見えないエネルギーを発していて、ポジティブなエネルギーを持つ人もいれば、ネガティブなエネルギーを放つ人もいます。

嬉しい出来事に心を躍らせ、つらい出来事に悲しみや怒りを抱くのが人間が人間らしく生きている姿です。喜怒哀楽を伴いながら生きるのが人間の本来の姿なので、ネガティブな感情を持ったとしても、それを否定することはできません。

しかし時としてネガティブな感情は目に見えない波動となって周囲に拡散し、無関係の人を巻き込んでしまうことがあります。たとえば終始不機嫌な人の傍にいると、何となく居心地が悪い気分になるのは、その人のマイナスのエネルギーに影響されているからだと考えられます。

不愉快だなと思うだけで済ませられれば良いのですが、敏感な人はネガティブな波動をまともに受けてしまい、体調を崩すことがあります。他人のエネルギーの影響を受けてしまうということは、自分自身も誰かに影響を及ぼしてしまう可能性があるということです。

ネガティブなエネルギーに左右されないためには、感情を浄化し、自分を持つことが大切です。

自分を確立できれば、他人のエネルギーに影響されなくなります

他人のエネルギーに影響されないようにするためには、心の中を見つめて感情を浄化し、自分をしっかりと持つことが重要です。自信を持つことは、よい意味で自分に対する思い込みを持つことでもあります。

ポジティブなセルフイメージをつくる

セルフイメージとは、自分自身に対する印象のことです。ポジティブなセルフイメージを持てている人は、ありのままの自分を認められる人でもあります。

反対にネガティブなセルフイメージに苦しんでいる人は、自分を受け入れることができていない人です。

成功体験を増やす

成功体験を持っている人ほど、自分を信頼できています。

他人に自慢できるような大きな成功でなくても、自信に繋げることは可能です。

・早起きができた
・時間通りに仕事を始め、終えることができた
・お風呂でゆっくり疲れをとれた

こうした日々のささやかな成功が、自分を信じる力になります。

(まとめ)浄化と高熱には何か関わりがありますか?

1.高熱は浄化が行われる兆しです

高熱が出ている時は、スピリチュアル的な観点でいえば体内の浄化が行われている兆しだといわれています。風邪で高熱が出る場合もありますが、マイナスのエネルギーや邪気に触れたせいで高熱が出ることもあります。

2.高熱が出るのは自己浄化作用が働くためです

体調不良の時に高熱が出ることがあるのは、人間に備わっている自己浄化作用が働くためです。害をなすものが体内に侵入すると、毒素を排出するために高熱となって表れます。

精神的にネガティブな影響を受けた時にも、高熱が出る場合があります。

3.他人が発したエネルギーの影響で高熱が出ることもあります

風邪ではなく精神的な理由で高熱を出すことがあるのは、他人が発するネガティブなエネルギーに触れてしまうためです。感情を浄化することができれば、他人のエネルギーに左右されることもなく、自分自身も誰かに悪影響を及ぼす心配がなくなります。

4.自分を確立できれば、他人のエネルギーに影響されなくなります

他人のエネルギーに影響されない人は感情の浄化と、自分を認めることができている人です。ささやかな成功体験を積み重ねて、ポジティブなセルフイメージを築いていきましょう。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)