妊娠中の方におすすめの浄化アイテムは水晶です


妊娠中の方におすすめしたい浄化アイテムはパワーストーンですが、その中でも水晶がとくにおすすめです。水晶は古くから悪い運気を退けて、浄化するパワーを秘めているといわれているので、浄化したい方はひとつ持っておくとよいでしょう。

水晶にはさまざまな意味が込められていますが、子宝運をアップさせてくれるともいわれているので、妊娠中の方に向いています。アクセサリーとしても身につけやすいことから、安定的な人気を維持しているパワーストーンです。

水晶には浄化の他にもさまざまな意味がこめられています

水晶にこめられた主な意味は浄化になりますが、水晶は浄化の他にも数多くの意味がこめられています。遥か昔から水晶は「清らかな水が結晶化してできた石」だと考えられており、浄化や魔除けの石として大切にされてきました。

パワーストーンや浄化アイテムに関心のある方の多くが、浄化といえば水晶を思い浮かべるくらい、メジャーな石でもあります。

水晶の特徴

水晶は「クォーツ」や「石英」などとも呼ばれ、基本的な水晶は無色透明か白い色をしているのが特徴です。

ピンク色のローズクオーツや、紫色のアメジストも水晶に分類され、水晶の仲間だけでもさまざまな種類があります。水晶の形がはっきりとしているため、大昔の人々は水晶を氷が結晶化したものだと思っていたほどです。

水晶が持つ意味

浄化の他にも、心や魂を清め、生命力や潜在能力を目覚めさせる力を秘めているといわれています。空間の浄化だでなく、気持ちの浄化もしてくれるといわれる石なので、何となく疲れを感じている時におすすめです。

妊娠中の方は心と身体にさまざまな負担がかかりやすいので、心身がスッキリしない時に持っているとよいでしょう。数あるパワーストーンの中でも「万能の石」といわれる水晶は、他のパワーストーンと組み合わせて使われることも多いです。

アクセサリーとして身につけたい方は、他のパワーストーンとの組み合わせを楽しんでみてください。

妊娠中の方におすすめできない浄化アイテムはホワイトセージです


浄化アイテムと呼ばれるものは水晶の他にも数多くあり、水晶と並んで浄化パワーが強いといわれているのがホワイトセージです。ホワイトセージはシソ科の植物で、日頃から浄化する習慣がある方にとっては欠かせない浄化アイテムとなっています。

浄化アイテムとしてホワイトセージが重宝されているのは、煙で水晶などのパワーストーンを浄化し、元の清らかな状態に戻すと考えられているからです。ただし、ホワイトセージは妊娠中の方にとっては禁忌のハーブだといわれているため、お腹に赤ちゃんがいる間は使用を控えた方が安心です。

ホワイトセージに含まれた成分には子宮の収縮を促す作用があることから、妊娠中の方は避けるべきだといわれています。母乳の分泌を抑える働きも持っているので、出産後は乳腺炎の予防のためにハーブティーとして飲む方も少なくありません。

無事出産を終えたら、空間の浄化やパワーストーンの浄化のために、ホワイトセージを使ってみましょう。

パワーストーンで妊娠中の不安定な時期を乗り越えましょう

パワーストーンが持つ浄化の効果は化学的に証明されたものではありませんが、妊娠期のお守りとして持っておくと気持ちのよりどころにもなるでしょう。妊娠中は体調や気持ちが不安定になりやすい時期なので、水晶などの浄化効果に頼るのは決して悪いことではありません。

パワーストーン同士は組み合わせがしやすいので、ブレスレットなどをつくってみるのも楽しいです。おすすめの組み合わせをご紹介するので、参考にしてみてください。

インカローズ+ムーンストーン

インカローズとムーンストーンには、女性ホルモンのバランスを整える力があるといわれています。妊娠中の体調が安定するようにという意味がこめられた組み合わせです。

好みのパワーストーン+水晶

水晶はどのパワーストーンとの相性もよいので、フィーリングに合ったパワーストーンと組み合わせてみましょう。浄化と他のパワーストーンの力を引き出す効果が期待できます。

(まとめ)妊娠中はどんな浄化アイテムを使えば良いですか?

1.妊娠中の方におすすめの浄化アイテムは水晶です

妊娠中の方におすすめしたいのが、パワーストーンの中でも浄化能力が強いといわれている水晶です。水晶には子宝運を上昇させる力があるといわれているので、妊娠中の方に適した浄化アイテムといえます。

2.水晶には浄化の他にもさまざまな意味がこめられています

水晶には空間や人を浄化し、生命力や潜在能力を目覚めさせる力があるといわれているので、妊娠中の方におすすめです。無色透明や白い色の水晶が多いですが、中にはピンク色や紫色をした水晶も存在しています。

3.妊娠中の方におすすめできない浄化アイテムはホワイトセージです

ホワイトセージにはパワーストーンをも浄化する力があるといわれていますが、子宮収縮作用もあるため妊娠中の方は使用を控えた方が安心です。浄化アイテムとして重宝されているので、出産を終えたらパワーストーンの浄化などに使ってみましょう。

4.パワーストーンで妊娠中の不安定な時期を乗り越えましょう

水晶などのパワーストーンは、妊娠中の不安定な時期を支えてくれる大切なお守りになります。パワーストーン同士は組み合わせがしやすいので、ブレスレットなどをつくってみるのもおすすめです。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)