自分の臭いが不安になる対人恐怖症の症状があります


対人恐怖症の中には、自分の口臭や体臭などの臭いがひどいために、周りに迷惑をかけていると思い込んで不安になる自己臭恐怖症があります。自己臭恐怖症は自臭症や自己臭症などとも呼ばれています実際に臭いが周りの人たちから嫌がられているということが なくても、かたくなに自分は臭いと思い込んでしまうという特徴があるのです。

自己臭恐怖症は重くなると外に出かけることさえ難しくなります

自己臭恐怖症が軽度の場合には、口臭などがひどく、周りに嫌がられていないかと、周りの目を気にしても、日常生活にはそれほど影響はでないでしょう。実際に周りから見るとたいしたことのない臭いであっても、自分は臭い気がすると思ったことがある人は多くいるかもしれません。

このような軽度の場合には、気になっている口臭を歯医者などで改善することで気になっていた口臭がなくなり、自己臭恐怖症も改善されることが多いでしょう。外に出て人の多い場所にいるときに、近くにいる人が自分の臭いで迷惑をしてしまうと思う程になると、重度の自己臭恐怖症といえます。

自己臭恐怖症が重度になった場合には、自分の臭いがひどいために周りに迷惑をかけてしまうと思い込んで外に出かけることも怖くなってしまいます。周りの人が臭いをまったく気にしていないときでも、本人は極端な不安と恐怖を感じてしまうので、臭いをなくすためにさまざまな努力をしているケースもあります。

たとえば口臭がひどくないのにずっと口臭を気にしているときには、極端に口臭が発生していることはないと本人が認識する必要があるでしょう。

自己臭恐怖症はちょっとした他人の言動がきっかけで発症する場合があります


自己臭恐怖症になりやすいのは、几帳面で繊細な人と言われています。小中学校で友達に臭いと言われた、車に乗っているときに窓を開けられたなど周囲の人の何気ない言動に敏感に反応して発症することがあるのです。

何らかのきっかけで発症すると、本当は周囲の人が臭いと思っていない場合でも、「自分が臭いと思われている」と勘違いをしてしまう場合が多くなるでしょう。自分が臭いと思い込んでしまうと、エレベーター・電車・バス・職場・教室など多くの人が集まる空間で自分の臭いが皆に嫌がられてしまうのではないかと心配になってしまいます。

そして人の多い場所へ行けなくなるなど通常の日常生活が送れなくなるケースもあるのです。 こうして自己臭恐怖症になると、何か悪いことがあったり、周囲の人とうまくやっていけないことなどがあったりすると、自分が臭いことが原因だと考えてしまうようになります。

たとえ臭いと関係がないところでうまくいかないことがあった場合でも、本気で臭いのせいと考えてしまうため、考え方を改善する必要があります。

自己臭恐怖症は適した方法で改善が見込めます

自己臭恐怖症が軽度な場合には、口臭や体臭など気になっている臭いが無くなるように歯科医院に通うなどケアをするだけで、精神的にも落ち着くことができるでしょう。自己臭恐怖症が重度になる前に、早めに気になる臭いを改善する行動をとることが大切といえます。

ところが、早期に改善できずに重度な自己臭恐怖症になると、周りの方にたとえ臭くないと思われていても、本人の「自分は臭い」という思い込みが強い状態になってしまうのです。周囲の人から本人に対して「臭くない」と伝えても、本人はただの気遣いではっきりいわれないだけだと受け取るので、いつまでたっても自分の臭いが改善されないという思い込みが続きます。

このように自分のことを臭いと思っている認識を変えるためには、まずその考え方を変えるように時間をかけてカウンセリングが行われる場合が多いでしょう。周囲の人に臭いと思われないような、ある程度の臭いはだれにでもあることといえます。

そのある程度の臭いを普通のことと受け入れることで、自己臭恐怖症は改善されるといわれています。

(まとめ)臭いが気になる対人恐怖症もある?

1.自分の臭いが不安になる対人恐怖症の症状があります

対人恐怖症には、自分の口臭などの臭いがひどいために周囲に迷惑をかけていると思って不安になる自己臭恐怖症があります。自分の臭いが実際には臭くない場合でも臭いと思い込んでしまう特徴があるのです。

2.自己臭恐怖症は重くなると外に出かけることさえ難しくなります

自己臭恐怖症が軽度の場合には、口臭などが気にはなっていても、ケアをして口臭が改善すればもう気にならなくなります。ただ重度の場合には、実際に口臭がなくてもずっと周りに迷惑をかけてしまうと思い続けるという特徴があります。

3.自己臭恐怖症はちょっとした他人の言動がきっかけで発症する場合があります

自己臭恐怖症になりやすいのは繊細な方だと言われています。周囲の人の何気ない言動を深く受け止め過ぎて、自分が臭いと思われているなどの思い込みが始まってしまうのです。

4.自己臭恐怖症は適した方法で改善が見込めます

自己臭恐怖症が軽度の場合には気になる口臭や体臭などのケアだけで自己恐怖症の改善が期待できます。重度の自己臭恐怖症になると、臭いがしていない場合でもずっと悪臭がしていると思い続けてしまうためカウンセリングなどを受ける場合が多くなります。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。NSCAパーソナルトレーナーの資格者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、あがり症、対人恐怖症の克服をサポートする。
(Facebookページ)