対人恐怖症は突然多くの人との出会いがあったときにかかる場合があります


対人恐怖症とは、人前に出たときに過度の不安や緊張を覚えて、赤面する、大量の汗をかくなど身体的にも異常が生じる状態のことです。10人中2人程度がかかるといわれ、多くの人が経験している症状とされています。

この対人恐怖症には20代から30代の時期にかかったり悪化したりしやすい傾向にあるのです。この時期には、就職・結婚・出産などで環境が変わり、今までとは違うたくさんの人との出会いがあり、そのことが精神的な負担になるため、対人恐怖症になりやすいといえるでしょう。

対人恐怖症は人と接することに恐怖を覚える状態です

対人恐怖症は、自分が他人からどう評価されるかが気になって不安になる状態とされています。社会的な活動をしている時に、自分の外見や行動を周囲の人が不快に思うのではないかという強い不安や恐怖が生じるのです。

周囲の人の目が気になることや人前で緊張することは誰にでもあることですが、その不安や緊張が過剰になり、人前に出ることを恐れてしまう場合があります。過剰に緊張すると、赤面したり・大量の汗をかいたり・手足が震えるなどの症状が出ることがあるのです。

このようなさまざまな症状が出てそれを人に見られたくないと恐怖を感じ、人と会うことを避けてしまい通常の日常生活が送れないほどの状態になると、重度の対人恐怖症と判断されます。対人恐怖症は家族や仲の良い友人には恐怖を覚えることがなく、まったく知らない人に対しても症状が現れないことが多い傾向にあるのです。

対人恐怖症の症状は、他人や家族のような人間関係の中ではなく、中間状況と呼ばれる会社の同僚や学校のクラスメイト、近所の住人などと接する場面で出やすいといわれてまいす。

対人恐怖症になる原因には対人関係での失敗経験などがあります


対人恐怖症が実際に発症する年齢は10代後半頃といわれています。ところが対人恐怖症の状態を性格の問題と考えて、長い期間1人で悩みを抱えている人が多いのです。

自分では気づかない軽度の対人恐怖症の場合でも、20代を過ぎた頃の就職などの環境の変化で対人恐怖症が悪化する心配がありますそのため大きな変化がある時には、ムリをしすぎないように注意しましょう。 対人恐怖症は、授業中に人前で発表をしたときに緊張や不安を感じた経験があり、のちに同じ状況でぶり返してなってしまう場合があります。

会議中に大勢の前で発表するときに失敗をして恥ずかしい思いをした場合にも、人前で話をすることに過度の緊張や恐怖を覚えるようになり、対人恐怖症になるケースがあるでしょう。失敗などで大きな恐怖や不安を感じた時には、身体を活動的な状態にさせる交感神経を優位にさせる扁桃体が活動します。

その扁桃体が大きな失敗をした状況を記憶してしまい、似たような状況になった時に活発に活動するため、震えや発汗などの症状が生じるともいわれています。

対人恐怖症の症状はリラックスすることで改善が期待できます

人前で発表する時は誰もが緊張します。しかし通常は発表時に緊張していても少しずつ経験を積むたびに発表することに慣れるため、対人恐怖症のような症状は出なくなるでしょう。

それが対人恐怖症の場合には過度の緊張が生じて、まともに話ができない、声が震えるなどの身体的な症状が現れ、慣れることができない状態になります。 対人恐怖症の症状を抑えるため、対人恐怖症にならないためには、まずは緊張しないようにリラックスできる方法をみつけるといいでしょう。

リラックスするためには精神を落ち着かせる働きのある脳内の神経伝達物質セロトニンの量を増やすような生活を送ることが重要です。セロトニンは規則正しい生活を送ることで量が増えるとされています。

セロトニンを増加させるためには、朝日を浴びたり、ウォーキングなどの一定のリズムで運動する「リズム運動」などを日常生活に取り入れたりするといいでしょう。 栄養バランスのよい食事を心がけることも大切です。

とくに脳のエネルギー源は、穀物やいも類などに含まれている炭水化物なので、積極的に摂取するようにしましょう。

(まとめ)いろいろな人との出会いが対人恐怖症の原因になる?

1.対人恐怖症は突然多くの人との出会いがあったときにかかる場合があります

対人恐怖症は、人前に出た時に過度の不安や緊張を覚える状態のことです。20代から30代の時期には、就職・結婚・出産など、環境が変わって多くの人と出会う機会があります。

その出会いが精神的な負担になった時に対人恐怖症になりやすいといえるでしょう。

2.対人恐怖症は人と接することに恐怖を覚える状態です

対人恐怖症は社会的な活動をする時に自分が他人を不快な思いにさせていないか心配になる状態です。中間状況の人々と接するときに発症しやすいので、対人恐怖症には環境の変化が大きな原因になるといえます。

3.対人恐怖症になる原因には対人関係での失敗経験などがあります

対人恐怖症が発症する年齢は10代後半頃とされていますが、20代を過ぎた頃に悪化する場合が多いです。会議での発表時に失敗して恥ずかしい思いをした場合には、同じような状況になった場合に緊張や恐怖を覚える対人恐怖症になるケースもあります。

4.対人恐怖症の症状はリラックスすることで改善が期待できます

発表時に緊張することはよくありますが、経験を重ねる度に通常は慣れるといわれています。対人恐怖症では緊張のためまともに話ができないなどの症状が現れ、慣れることができないとされます。

症状を抑えるため、リラックスできるようにするとよいでしょう。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)