パワーストーンを得ることで、対人恐怖症克服の手助けとなることもあります


パワーストーンは全ての対人恐怖症の人に必ずしも効果があるとは限りません。

しかし、もしパワーストーンの力を借りたいと考えているのなら、普段から自分に合うパワーストーンを身につけることで対人恐怖症を克服する助けとなるでしょう。

パワーストーンに関する知識を持ち、自分に最適なパワーストーンを探してみましょう。

パワーストーンは「お守り」のようなものです

パワーストーンの効果は、神社で購入するお守りに似ています。

残念ながら、パワーストーンそのものの持つ開運や健康、恋愛などに対して幸運をもたらす効果自体には、科学的な根拠がありません。

しかしながら、石は古代から人々の間で親しまれ、占いの材料にされたり、その力を信じる人たちの間で高額で取引されたりしてきました。

もし、パワーストーンの力を信じ、パワーストーンの力を借りたいと考えるなら、パワーストーンは良いお守りとなるでしょう。

たとえ根拠がなかったとしても、パワーストーンを持っているだけでなんとなく安心できる、癒しになる、見るとストレスが消えていくということであれば、それは本人にとっては十分に効果があるものと言えます。

対人恐怖症の人は自分一人だけで孤独に病気と戦っていることが多いので、お守りのように自分を支えてくれる存在があるのは良いことです。

基本的に持っていて何かデメリットがあるものではありませんので、興味があるのなら購入して持っておくと良いでしょう。

ピアスやブレスレット、ペンダントなどにして身につけておけば、いざという時の心の支えにもなります。

また、変化を象徴する「白」や、積極性につながる「赤」など、風水に対する知識も交えてパワーストーンを置くのも良いかもしれません。

対人恐怖症の人向けのパワーストーンにはさまざまなものがあります

ワーストーンはどれを選ぶかによって、全く効果が異なるとされています。

対人恐怖症の人に特におすすめのパワーストーンとしては、例えば以下のようなものがあります。

・恐怖や疑念を払い、浄化するとされているソーダライト
・緊張をほぐしてくれるアンバー
・不安やストレスを解消し、明るく前向きな性格に導いてくれるシトリン

パワーストーンの場合、例えば「不安を取り除く」効果があるとされている石だけでもオニキス、ラリマー、アメジストなどたくさんの種類があります。

それぞれ、微妙にニュアンスが異なったり、違う効果を持っていたりすることもあるので、石の特徴をよく調べ、自分に最もふさわしいと思うものを選びましょう。

自分の誕生石を選ぶというのもよいですし、天然石かどうかなどを見ることも良いでしょう。

パワーストーンは通販などでも入手できますが、できれば自分で実際に店に足を運び、直接選ぶ方が良いでしょう。

良いパワーストーンは、自分が自然と気になった石だと言われています。

また、パワーストーンを選ぶ時に特に意識しておきたいのが、「ポジティブな気分の時に購入する」ということです。

ネガティヴな気分の時に石を購入すると、ネガティヴなエネルギーを持った石を引き寄せてしまうと考えられています。

「不安で夜も眠れない、パワーストーンに頼りたい」というような時でなく、「もっと明るくなりたい、対人恐怖症を克服したい」というようなポジティブな気分の時を狙いましょう。

ポジティブなエネルギーを持った石と正しく出会うことで、パワーストーンの力を最大限に引き出すことができるでしょう。

パワーストーンだけに頼りすぎないようにしましょう

パワーストーンはあくまで、対人恐怖症を克服したいと考える人の背中を押してくれる存在です。

パワーストーンだけに頼るのでは、治すことはできません。

例えば「不安や恐怖を取り除く」パワーストーンを得たのなら、そのパワーストーンの力を借りて会社のプレゼンに取り組んだり、仕事の面接に行ったりなど、自分から積極的に行動していく必要があります。

また、対人恐怖症は症状によっては病気として認められる場合もあります。

対人恐怖症を根本から改善するためには病院で薬を処方してもらったり、認知行動療法によって物の見方を変えてみたりすることも重要です。

さらに、病院に行く以外にも、生活習慣を整えてストレスを減らしたり、対人恐怖症のセミナーなどに参加して積極的に仲間と交流を持ったりなど、対人恐怖症にはさまざまな改善方法が存在します。

パワーストーンの力を借りつつ、このような改善方法を積極的に導入して、上手に対人恐怖症を克服していきましょう。

(まとめ)対人恐怖症にパワーストーンは効果があるの?

1.パワーストーンを得ることで、対人恐怖症克服の手助けとなることもあります

パワーストーンは全ての対人恐怖症の人に効果があるとは限りません。

しかし、もしパワーストーンを信じているのなら、普段から持ち歩くことで対人恐怖症克服の助けとなる可能性もあります。

2.パワーストーンは「お守り」のようなものです

パワーストーンの効果は科学的に証明されているわけではありません。

しかし、持っているだけでなんとなく安心するといったように、効果を感じる人もいます。

自分なりにパワーストーンに力を感じるのであれば、お守りとして持っていると良いでしょう。

3.対人恐怖症の人向けのパワーストーンにはさまざまなものがあります

対人恐怖症向けのパワーストーンにはさまざまな種類があります。

「不安を取り除く」とされている石でも何種類もあるので、実際にショップに足を運んで気に入ったものを購入しましょう。

また、購入の際はポジティブな時を狙うのも大切です。

4.パワーストーンだけに頼りすぎないようにしましょう

パワーストーンはあくまでお守りです。

パワーストーンに頼るだけでなく、パワーストーンの力を有効利用し、実際に行動に移すほか、病院やセミナーなどに参加していきましょう。

なぜほとんどの方が対人恐怖症の克服に失敗するのか?

多くの方は「対人恐怖症は病気である」と考えていますがそれは全く違います。原因の多くは過去の経験などから来る恐怖や不安によるもので、それらが無くなると驚くほど楽になります。その仕組みについてさらに知りたい方は無料メールセミナーにご登録ください。

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。NSCAパーソナルトレーナーの資格者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、あがり症、対人恐怖症の克服をサポートする。
(Facebookページ)