対人恐怖症になるほどのパワーハラスメントがあった場合は、行動を起こすことが重要です


人によっては、強い言葉を上司からかけられ、実際にその言葉が原因で対人恐怖症になってしまう場合があります。

しかし、そのままでいると余計にパワハラがひどくなり、対人恐怖症はいつまでも治らないことにもなりかねません。

対人恐怖症が悪化しないうちに、パワハラから逃れることや、状況を打開していく必要があります。

また、もし対人恐怖症に既になってしまっている場合は、労働環境の改善だけでなく、自身のケアにも気を配りましょう。

まずは理不尽なパワハラから逃れましょう

対人恐怖症になるほどのパワハラを受けている場合、最も重要なのはパワハラが頻繁に起きるような環境からできるだけ早く逃れることです。

まずは、あくまでその上司だけがしてくるのか、それとも社風としてパワハラが日常茶飯事なのかを見極めましょう。

上司一人だけであれば改善の余地がありますが、会社全体で黙認されているような場合は、その会社そのものがブラック企業と考えた方が良いでしょう。

人間関係が良く、パワハラとほとんど縁のない会社もたくさんあります。

対人恐怖症は風邪などよりよほど治すのが困難な病気です。

悪化しないうちに転職したり、あるいは会社に設置されているハラスメントの相談窓口に訴えたりなど、行動を起こしましょう。

パワハラを受け続けているとその環境が当たり前になってしまい、だんだんと上司の言動や行動などをおかしいと思う心の余裕がなくなっていってしまいます。

パワーハラスメントから早々に逃れることで、仮に対人恐怖症になったとしても完治までの時間は短くて済むでしょう。

相手の言葉をそのまま受け止めないようにしましょう


対人恐怖症になりやすいのは、感受性が強く、相手の気持ちを推し量ることができて、かつ真面目な人が多いといわれています。

つまり、パワハラを受けて何か相手に理不尽なことを言われた時、対人恐怖症になる人は真っ向から相手の言葉を否定するのではなく、「自分の存在が相手を何か不快にしてしまったのではないか」とまず自分の落ち度を疑ってしまうのです。

また「自分より立場が上の存在が相手である以上、自分は従わなければならない」「上司は自分を導く存在であるので、言っていることが正しい」というような無意識の思い込みも大きく影響しています。

しかし、実際のところ上司であってもただの一人の人間であることには違いありません。

時には間違っていることを当然のように言うこともあれば、自分の沽券を優先して部下をないがしろにすることもあります。

また、部下をストレス解消のはけ口にして楽しんでいるような心の弱い人もいます。

そのことをよく理解していないと、相手の言葉を受け流すことができず対人恐怖症に陥ってしまうのです。

対人恐怖症にならないためには、まず、相手が間違っている可能性があること、相手の言葉をそのままそっくり受け止める必要がないことをしっかりと認識しましょう。

また、時には友人などの意見を聞き、客観的にその上司の行為がどのように見えるのかを知ることも大切です。

対人恐怖症だと感じたら、自身のケアをしっかりとしましょう

もし、パワーハラスメントによって対人恐怖症になってしまった場合、自身の労働環境を改善すると共に、自身のケアにも気を配りましょう。

ストレス解消の健全な手段を持ち、できるだけ規則正しい生活を心がけて心身を健やかに保つための土台作りをしていく必要があります。

例えば、外食やジャンクフードばかりの食生活や、夜更かしばかりの生活を送っていると、体がストレスを溜めやすくなってしまいます。

不規則な生活にパワハラまであったのでは、心や体がついていくことができません。

せめてプライベートの時間を充実させたり、あるいは普段の食事の栄養バランスを整えたりなど、できる限り健康的な生活を心がけてパワハラを受け流せるようにしましょう。

また、実際に症状がひどいと感じた場合は、早めに病院の心療内科などへ行くことが大切です。

対人恐怖症はれっきとした病気です。

トラウマに長年にわたって苦しめられるようなことがないよう、早めの対処を心がけましょう。

(まとめ)パワーハラスメントで対人恐怖症になった時はどうしたらいい?

1.対人恐怖症になるほどのパワハラがあった場合は、行動を起こすことが重要です

対人恐怖症になるほどのパワハラを受けた場合、そのままでいることは得策ではありません。

対人恐怖症を悪化させないためにも、労働環境を改善し、自身のケアに気を配りましょう。

2.まずは理不尽なパワハラから逃れましょう

対人恐怖症になりそうなほどの強いパワハラを受けた場合は、まずはその労働環境を変えることが大切です。

転職したり、相談窓口に相談したりなどして、対人恐怖症が悪化しないうちに自分の現状を変えましょう。

3.相手の言葉をそのまま受け止めないようにしましょう

対人恐怖症になりやすい人は、強い言葉を受けた場合でも、「自分に何か落ち度があったのではないか」と考えてしまいがちです。

上司の行動や言動を冷静に見つめ、相手の言葉を受け流せるようにしておきましょう。

4.対人恐怖症だと感じたら、自身のケアをしっかりとしましょう

対人恐怖症はれっきとした病気です。

パワハラによるストレスなどで不規則な生活を続けていくと、心身ともに体調を崩して対人恐怖症を発症してしまいやすくなります。

パワハラを受けた時は自分自身のケアを念入りにしてあげましょう。

なぜほとんどの方が対人恐怖症の克服に失敗するのか?

多くの方は「対人恐怖症は病気である」と考えていますがそれは全く違います。原因の多くは過去の経験などから来る恐怖や不安によるもので、それらが無くなると驚くほど楽になります。その仕組みについてさらに知りたい方は無料メールセミナーにご登録ください。

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。NSCAパーソナルトレーナーの資格者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、あがり症、対人恐怖症の克服をサポートする。
(Facebookページ)