めまいは対人恐怖症の症状のひとつです


めまいは、対人恐怖症の症状のひとつだと考えられています。
対人恐怖症の人は人前で緊張しやすいため、自律神経の交感神経がフル回転で働いている状態です。

交感神経には心身の緊張を高めて、興奮を増す作用があるため、緊張しやすい人は心と身体が休まる暇がありません。

めまいのツラさは周囲からの理解を得られにくく、病院を受診しても原因不明と診断されてしまうことがよくあるのです。

無理解がさらに苦しみを募らせ、めまいをひどくしてしまう可能性も考えられます。
ストレスがめまいをさらに悪化させます。

めまいがひどいと感じたら、ゆっくりと休養する時間を作るようにしましょう。

自律神経の乱れがめまいを引き起こします

対人恐怖症の人は、自律神経が乱れていることが多いです。
自律神経の乱れとは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている状態を指します。
めまいなどの対人恐怖症の症状が出やすい時は、交感神経の働きが過剰になっていると考えられるのです。

交感神経が過剰になると脳内の圧力が上昇し、睡眠中であっても緊張が抜けにくくなります。常に緊張が続いている状態になるため、めまいを起こしやすくなると考えられます。めまいが起きる原因はさまざまあり、耳や脳になんらかの原因が隠されていることがあるのす。

また、精神的なストレスが引き金となってめまいを起こすこともあり、めまいがある人の多くがストレスを抱えていると言われています。

めまいは症状の表れ方の違いによって、次のように分類されています。

回転性めまい

回転性めまいには、目や天井が回ったり、身体が引っ張られたりする症状が現れるものです。平衡機能が異常を起こしており、身体のバランスを保ちにくくなります。

浮動性めまい

車酔いのような吐き気と、足元がふわふわとした感覚に襲われるのが、浮動性めまいの特徴です。
回転性めまいのような目が回る症状はないため、非回転性めまいと呼ばれることもあります。

仮性めまい

いわゆる立ちくらみのようなめまいで、頭から血の気が引いたような感覚があります。
目の前が暗くなったり、意識が遠のいたりするものです。

自律神経を整えるにはツボ押しが効果的です


自律神経の乱れを改善するのによいと言われる方法は、いくつかあります。
中でもツボ押しは自宅で手軽に取り組めるので、就寝前のひとときなどに行うのをおすすめします。

めまいは放っておくと頭痛や手足のしびれ、ろれつが回らないなど、他の症状を引き起こすことがあるため、早めのケアが肝心です。

めまいに効くと言われるツボは2つあります。

竅陰(きょういん)は耳の後ろにある骨の内側のくぼみで、「肝」の働きを回復して、血液の量を増やす効果があるとされています。
ツボを中心とした耳の後ろのくぼみを、左右同時に気持ち良く感じる強さで、深呼吸をしながら押してみましょう。

翳風(えいふう)はリンパの流れを改善し、内耳の機能を高めるツボだと言われています。耳たぶを触るとすぐ後ろにくぼみがあり、それが翳風のツボになります。

竅陰と同じく、左右同時に気持ち良く感じる強さで、深呼吸をしながら押しましょう。

思考と感情をコントロールできるとめまいを改善する可能性が高まります

対人恐怖症の人がめまいを改善するには、精神的なストレスを取り除く必要があります。物事に対する一方的な見方が、緊張を強めてストレスを生み出しているのです。

柔軟に物事を受け止められるようになれば、気持ちが楽になって、めまいを改善する効果が期待できます。

対人恐怖症の人は、自分の言動が相手に不快感を与えると思い込んでしまいます。
目が合っただけで相手の迷惑になるのではと考えたり、自分の表情が変なのではないかという不安を抱えたりするものです。

強い不安感のせいで、人前で話す時は緊張しやすくなり、緊張に対する恐怖心が生まれます。しかし実際は自分が意識するほど、他人は自分に対して意識を向けていないことがほとんどです。

周囲を正しく認識できるようになれば、人と接するのが恐いという気持ちも薄れていくでしょう。

(まとめ)めまいは対人恐怖症の症状ですか?

1.めまいは対人恐怖症の症状のひとつです

めまいは病院を受診しても原因不明と診断されることがありますが、人に対する不安や恐怖が原因となることがあります。
過度の緊張によるストレスがめまいを起こしていると考えられるため、対人恐怖症の人には充分な休息が必要です。

2.自律神経の乱れがめまいを引き起こします

対人恐怖症の人は自律神経の乱れから、めまいを感じることが多いです。
自律神経が乱れると交感神経が優位になり、心身の緊張が解消されにくくなります。

めまいの原因はいくつかありますが、精神的なストレスが引き金になるケースが多いと言われています。

3.自律神経を整えるにはツボ押しが効果的です

自律神経を整える方法はいくつかありますが、ツボ押しは自宅で簡単に取り組めるのでおすすめです。
竅陰や翳風のツボには、血液やリンパの流れを改善する働きがあるとされています。

4.思考と感情をコントロールできるとめまいを改善する可能性が高まります

対人恐怖症の人がめまいを改善するには、周囲に対する一方的な感じ方を修正する必要があります。
ストレスの原因となっている緊張や不安は、偏ったものの見方が生み出していることが多いものです。

なぜほとんどの方が対人恐怖症の克服に失敗するのか?

多くの方は「対人恐怖症は病気である」と考えていますがそれは全く違います。原因の多くは過去の経験などから来る恐怖や不安によるもので、それらが無くなると驚くほど楽になります。その仕組みについてさらに知りたい方は無料メールセミナーにご登録ください。

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。NSCAパーソナルトレーナーの資格者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、あがり症、対人恐怖症の克服をサポートする。
(Facebookページ)