あがり症はカウンセリングや考え方次第で完治することがあります

あがり症は物事のとらえ方やちょっとした考え方の癖を変えるだけでも完治への効果が期待できます。

あがるという現象は脳内物質が分泌されることで交感神経が優位になって起きる正常な反応です。
しかし強い不安や恐怖を感じると震えや汗などの症状が出ることもあります。

失敗したくない、苦手だという意識を変えるだけでも緩和し完治につながるでしょう。

あがり症は誰にでも起きる正常な反応です

スピーチで上手に話すことができずに恥をかいた経験は多くの人がお持ちでしょう。

ドキドキしたり汗をかいたりする症状は多くの人が経験しています。
これは血液中のノルアドレナリン値が上昇することで起きる症状です。

ノルアドレナリンは脳の覚醒や興奮に関係している神経伝達物質となります。
緊張や不安を感じた時に活発に分泌され、このノルアドレナリンが自律神経の交感神経を活性化した結果として、血圧や心拍数・体温が上昇して動悸や震えなどの症状が起きるのです。

たとえば動物が威嚇するときには、臨戦態勢になって毛を逆立てます。
これも交感神経が高まった結果で起こる反応です。

これらは誰にでも起きる当たり前の反応で、おかしなことではありません。
これらを緩和するには、ちょっとした習慣や行動、考え方を変えてみましょう。

緊張している自分を受け入れる、社交場面への苦手意識をなくすなどの方法で完治することもあります。

あがり症は生まれついての性格の問題などではありません。
克服するために、身体にムリをさせるのではなく、物事の考え方や行動を変えることで完治を目指すこともできるでしょう。

あがり症の症状は人によって出方が違います


あがり症は人によって症状が違います。
ではどのような症状が起きるのでしょうか。

赤面症

人前で顔が赤く火照ったり、赤くなったりしているのではないかと気になる。

視線恐怖症

他人の視線が必要以上に気になる、人に不快感を与えていないか気になってしまう。

書痙

結婚式の受付やプレゼンテーションなど人前で字を書くときに手が震えてしまう。

吃音症

大勢の前などに出るとどもってしまって上手に発音することができない。

多汗症

人の視線が集まると顔や脇などにじっとりと汗をかいてしまう。

これらの症状のほか、電話恐怖症や会食恐怖症など特定の場面にとくに恐怖心を抱くケースもあります。
これらの症状は多かれ少なかれ、生活の中で誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

あがり症には生まれつきの性格もある程度関係します。
人によく見られたいと思っている人ほど自意識過剰になるためあがりやすいともいわれています。

また責任感が強く失敗を恐れる人も多いでしょう。

上に挙げたような症状が現れる人や、あがりやすい性格だと感じる人は、自分の行動や考え方を見直して完治を目指してみましょう。

あがり症は物事のとらえ方や考え方を変えるだけで改善が期待できます

あがり症は物事に対するとらえ方を変えるだけで劇的に改善し完治することがあります。

人前に出た時に緊張してあがってしまうのは、人から悪く思われたくない、自分の評価を下げたくないという不安や恐怖が根本にあります。
とくに多いのは、失敗したらもうおしまいというような極端な思い込みです。

事実はそうでなくても、責任感が強い人ほど極端な思い込みを持って自分を追い込んでしまいます。
その結果として、人前や対人に苦手意識を持ってしまうのです。

このような苦手意識に対処するには、自分の中に極端な思い込みが根付いていることを認識しましょう。
自分の考え方の偏りを意識して、そして自分を勇気づける考え方に変えていきます。

悪い評価をされたとしても自分の価値が下がるわけではない、失敗しても後から取り戻すことができるというように自分に与える言葉や考え方を変換して完治につなげてみましょう。

すぐに考え方を変えることは困難かもしれません。
しかし考え方の癖を少しずつ矯正することで完治を目指すことができるはずです。

心身へのダメージが大きすぎる場合は医療機関などに通う必要があるかもしれません

上記に挙げたような症状にあてはまるあがり症であれば、自分の考え方や心理・マインドなどを改善する事でも対策が可能だとされています。

しかし中にはあがり症の領域に収まらない症状を抱えてしまう場合もあります。
ここではいくつか治療が必要となるような状態について説明をしましょう。

SAD(社交不安障害・社会不安障害)

SAD(社会不安障害・社交不安障害)は、あがり症や対人恐怖症などと混同されやすい疾患の一つとして知られています。
SAD(社会不安障害・社交不安障害)はこれまであがり症や対人恐怖症のものと同一視されていたという歴史があり、専門機関による治療も必要がない軽微なものだとされていました。

しかし時代が進むにつれて神経症や精神疾患、またそれに伴う治療方法についても研究が進んだ結果として、対人恐怖症やあがり症の中でもカウンセリングや投薬治療などが必要となる重篤なケースがあるということが分かってきたのです。

たとえば人と対面するとうまく意志が伝えられなくなってしまうだけでなく、過度なストレスや緊張状態により、心身の自由が利かなくなってしまう場合はあがり症の範疇とは言えません。

心拍数の増加や、思考の混乱・吐き気・手や体が固まる・震えるなど、強い苦痛を覚える身体症状が生じてしまっている場合には、SAD(社会不安障害・社交不安障害)の可能性があります。

SAD(社会不安障害・社交不安障害)はセルフケアで解決することが難しいとされており、専門の医療機関での治療が必要となるでしょう。

うつ

うつは発生率が高く、日本人の罹患率も多い病気の一つです。
SADとの併発なども多いと考えられています。

うつの特徴としては、さまざまな意欲がなくなるという点や、気分が晴れない、不眠が続いてしまうなどが挙げられます。
軽度の場合は、生活の改善などで回復が可能かもしれません。

しかし重度の場合であればコミュニケーション不全などに陥ることもあり、仕事への復帰が難しくなってしまう場合もあるでしょう。

重度のうつの場合は、専門の医療機関やカウンセリングなどでの治療が必要になります。
抗不安剤などのような薬も服用する必要が有るでしょう。

パニック障害

仕事で失敗した経験が心に強く残ってしまい、またあの失敗を繰り返すのではないのかと不安が強くなってしまうことはありませんか?
動悸・息切れ・めまいなどの症状がでてしまった時には、パニック障害である可能性があります。

さらに「動悸やめまいなどで昏倒するなどの発作が起きてしまうんじゃないのか」という「予期不安」が生じている場合は、パニック障害としての症状である可能性が高いです。

パニック障害の場合、生活習慣を見直したりする程度では、改善を行う事はできません。
専門の医療機関への通院やカウンセリング・セラピーなどの利用によって、継続した治療を続ける必要があると言えるでしょう。

SSRIなどのような向精神薬などを必要する場合もあり、自分一人の力では直すことが難しい病気だと言えます

(まとめ)あがり症って完治することはあるの?

1.あがり症はカウンセリングや考え方によって完治することがあります

あがり症は交感神経が優位になって起きる正常な反応です。

極度に失敗を恐れて苦手意識を持つことで、震えや汗といった症状が出ます。
まずは人前や対人に対するネガティブなイメージをポジティブに変換し、完治を目指しましょう。

2.あがり症は誰にでも起きる正常な反応です

緊張や不安を感じると誰しもが汗をかいたり震えたりという反応が起きます。

これは神経伝達物質であるノルアドレナリンの作用です。
これらは誰にでも起きる当たり前の反応で、ちょっとした行動や考え方の変化で完治することもあります。

3.あがり症の症状は人によって出方が違います

代表的な症状といえば、赤くなってしまう赤面症や多汗症です。
さらに視線恐怖症や書痙などもあがり症の症状であると考えられています。

また責任感が強い人もなりやすいといわれているのです。

4.あがり症は物事のとらえ方や考え方を変えるだけで改善が期待できます

あがり症は物事のとらえ方を変えるだけでも対処でき、完治することができます。

失敗したくないと極端に思い詰めるのではなく、失敗しても次があるというように考えましょう。
対人や人前に対するイメージを変えるだけでもあがり症は完治が期待できます。

5.心身へのダメージが大きすぎる場合は医療機関などに通う必要があるかもしれません

精神的な恐怖・苦痛が大きく、社会生活を送る上で大きな支障が出てしまっている場合は、あがり症の範疇ではない可能性があります。

パニック障害やSAD(社会不安障害・社交不安障害)である可能性を視野に入れ、治療を考える必要もあるでしょう。

なぜほとんどの方があがり症の克服に失敗するのか?

多くの方は「あがり症は病気である」と考えていますがそれは全く違います。原因の多くは過去の記憶や感覚感情によるもので、それらが無くなると驚くほど楽になります。その仕組みについてさらに知りたい方は無料メールセミナーにご登録ください。

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。NSCAパーソナルトレーナーの資格者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、あがり症、対人恐怖症の克服をサポートする。
(Facebookページ)