あがり症とは人前で極度に緊張感や不安感が高まってしまう症状のことです


あがり症とは人前に出ると緊張感や不安感が極度に高まってしまい、うまく話せなくなる症状のことです。仕事上、人前で話をするシーンがあるという方の多くが、自分はあがり症なのではと感じた経験を持つと言われています。

必要以上に人の視線を気にしてしまうことで、症状が出やすくなる傾向があります。焦りが自分で自分を追い込んでしまい、余計に話がまとまらなくなったり、身体が震えたりしてしまうのです。

あがり症とは何か?緊張感のメカニズムについて知りましょう

あがり症とは何かについて理解を深めるためには、あがり症の原因となっている極度の緊張感がどこからやって来るのか知る必要があります。

人は緊張感が高まっている時に、次のような症状が現れていると言われています。

・声が震える
・呼吸が浅くなる
・顔が赤くなる
・肩に力が入りすぎる
・心拍数が上がる
・まばたきが増える
・身振り手振りが激しくなる
・腕や足など自分の身体の一部を無意味に触る

人によって出やすい症状は異なってきますが、いくつか当てはまるという方も多いのでないでしょうか。こういった動作はすべて強い緊張感によって起きているのです。

人は緊張すると、ノルアドレナリンという神経伝達物質を血液中に分泌します。ノルアドレナリンが交感神経を刺激することで動悸や発汗、血圧の上昇、震えなどの症状が現れます。

どのような人でも緊張すればこのような症状が出ますが、あがり症の人は自分自身の緊張感にとても敏感です。少しでも自分が緊張していると感じると、緊張していること自体に緊張してしまいます。

人前で話したことのある人の多くが自分はあがり症だと感じた経験を持つように、緊張すること自体は特別なものではなく、よくあることです。もしあがり症の自覚を持っているのであれば、人前に出た時の心理状況を思い返してみましょう。

緊張するのを悪いことや恥ずかしいことだと決めつけてしまってはいないでしょうか。

適度な緊張感は正しく力を発揮することにもつながります


緊張するのは悪いことでもなければ、恥ずかしいことでもありません。むしろ、適度な緊張感は仕事上でのパフォーマンスを向上させる働きがあるのです。

緊張感がまったくなく、緩んだ気持ちでは仕事のパフォーマンスを上げることはできません。程よい緊張感は仕事へのモチベーションを上げてくれるのに効果的です。
仕事で力を発揮するには、緊張するのも大事なのです。

見た目にはわからなくても、どのような人であろうと、仕事には適度な緊張を抱きながら向き合っています。緊張しているのは自分だけではないということを認識すると、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

日々仕事を進めていく中で、人前に立って話をしなければならないシーンはたびたび訪れます。大勢の前でのスピーチやプレゼン、朝礼での挨拶、目上の人との会話、自己紹介など、この先もさまざまな緊張する場面に遭遇するでしょう。

人前で萎縮しそうになったら、お腹から声を出してゆっくり話してみましょう。腹式呼吸を意識すると声が良く通りますが、落ち着いて話す自分の声を聞いていると自然と緊張が解けていきます。

強いプレッシャーが過度な緊張感を生みあがり症をひどくする

あがり症の人が緊張し過ぎてしまうのは、プレッシャーを感じ過ぎていたり、場慣れしていなかったりするためです。これから緊張する場に行かなければならない時は、軽く深呼吸して硬くなった心と身体をほぐしましょう。

あがり症の人は過去の失敗を引きずりやすいことがあります。以前うまく話せなかったからといって、今日もうまく話せないとは限りません。

たとえ思ったように話せなかったとしても、自分を責めすぎるのは良くありません。人は他人に責められるよりも、自分自身に責められるのがツライものです。

自分で自分を非難することで、人は自信を失っていきます。どんな人でも緊張するものですし、人前であがることもあります。

あがり症の人とそうでない人との違いは緊張感をコントロールできるかどうか、ほんのわずかなことなのです。

(まとめ)あがり症とは?

1.あがり症とは人前で極度に緊張感や不安感が高まってしまう症状のことです

あがり症とは人前で緊張感と不安感が高まり、うまく話せなくなる症状のことです。焦りが自分自身を追い込んでしまうので、余計に話がまとまらなくなる傾向があります。

人前で話す必要のある人の多くが、自分はあがり症なのではと疑った経験を持つと言われているのです。

2.緊張感のメカニズムについて知りましょう

人は緊張すると血液中にノルアドレナリンという神経伝達物質を分泌させ、交感神経を活性化させます。それにより、動機・発汗・血圧の上昇・震えなどの症状が現れます。

これらの症状を理解するためにも、このような緊張のメカニズムについて知ることが大切です。

3.適度な緊張感は正しく力を発揮することにもつながります

あがり症の人は緊張することへの罪悪感を捨てると、緊張感がほぐれやすくなります。
適度な緊張感は仕事へのモチベーションとパフォーマンスを向上させることに役立ちます。仕事で力を発揮するには緊張感が必要です。

4.強いプレッシャーが過度な緊張感を生みます

過度の緊張状態に陥りやすいのは、過去の失敗に囚われてしまうのも原因のひとつとなります。あがり症の人とそうでない人との違いは、緊張感をコントロールできるか、とほんのわずかなことです。


無料メールセミナー

LINE@で友達追加

著者紹介

著者情報プロフィール:佐藤 達三
株式会社ブレッシングス代表取締役。「『不快感』がスーッと消える本」の著者。メンタル、身体の両面でのパフォーマンス向上をサポートし、セミナーへの参加者は今までに延べ6,000以上を超える実績を持つ。
現在ではビジネスパフォーマンス向上のため、経営者、投資家、ビジネスマンをはじめ、幅広い顧客に指示され1,000人以上の個人カウンセリングを行い、他人へのあがり、緊張、対人恐怖の克服をサポートする。
(Facebookページ)